敏感肌の方が実践するべき、正しいクレンジング・洗顔・保湿方法

敏感肌の多くは、クレンジングや洗顔など落とすケアに原因が…。
ここでは、健康な素肌を取り戻す正しいクレンジング・洗顔・保湿のやり方をご紹介します。

その前に、あなたの敏感肌の原因をチェックシートで確認

目次

敏感肌に悩む方の多くは
・間違ったクレンジングや洗顔で、セラミドを失っている
・肌を擦り過ぎて、角層が薄くなっている
・擦る刺激や化粧品の使い過ぎで微小な炎症が起き、ターンオーバーが乱れている
といった共通点があります。

いわゆる過剰なスキンケアが原因です。


1.敏感肌のスキンケア《基本編》

そこで敏感肌の方に実践していただきたいのが、
セラミドを守る「落とす」ケアと
セラミドを補う「保湿」ケアを中心に
ニキビや年齢肌などの悩みはスポットケアで行うことです。

これらを実践することで、肌を刺激から守るセラミドが増え、大抵の敏感肌は緩和していきます。

それでは、具体的に何に気をつければ良いのかご紹介します。


2.敏感肌のクレンジング・洗顔《実践編》

2-1.洗浄力の強いクレンジング剤や洗顔料を避ける

クレンジングオイルやココナッツ椰子油(ラウリン酸)を使った洗顔料は、洗浄力が強くセラミドを失いやすいので使用を避けましょう。
クレンジングを選ぶ時は、洗浄力がマイルドなジェルやクリームタイプをメインにして、落ちにくいアイメイクなどだけオイルクレンジングを使うなど使い分けるのがお勧めです。
洗顔料については、洗浄力が強いココナッツ椰子油(ラウリン酸)を使ったものは避け、保湿成分が多く入ったものがお勧めです。


2-2.洗う順番は、髪→顔

理由は、クレンジングと洗顔をした無防備な肌に、シャンプーやリンス、コンディショナーに含まれる界面活性剤が触れるのを防ぐためです。
特に、リンス、コンディショナーに使われる毛髪を滑らかにする陽イオン界面活性剤(カチオン系界面活性剤)は、皮膚刺激性が強く皮膚への吸着性も高いので、水ですすいだ程度では肌に残留する可能性が高いspan>ので注意が必要です。
塗れた手だとクレンジングしにくいという場合でも、クレンジング→髪→洗顔の順番にしましょう。


2-3.洗顔料はよく泡立てる

泡立てが不十分だと肌に摩擦がかかるだけでなく、部分的に洗浄成分(界面活性剤)が高濃度になり皮膚刺激の原因になります。


2-4.泡パックは百害あって一利なし

クリームの界面活性剤を気にされる方でも意外とやってしまうのが泡パック。
クレンジングや洗顔料(石鹸)で使用する界面活性剤は、クリームなどに使う界面活性剤よりも強くて配合量も高濃度。泡パックは、敏感肌や乾燥肌、細胞死(老化)の原因になるだけです。


2-5.人肌より少し冷たいぬるま湯で

人肌以上のお湯は、セラミドが流出を促進してしまい、冷水では汚れ落ちが不十分になります。


2-6.「擦り洗い」「拭く」は厳禁

濡れた肌は角層が緩んでいて、少しの摩擦でも剥がれ易い状態。優しく「撫で洗い」優しく「水気を押さえる」ようにしましょう。
また、スクラブ洗顔などの角質を擦り落とす化粧品も使いすぎは厳禁。クスミやざらつきが気になる人でも、肌の調子の良い時に月1回位の使用に留めましょう。


うる肌うるり 無添加うるおい石鹸 PR

うる肌うるり 無添加うるおい石鹸
保湿成分を純石鹸の30倍配合。洗い上がりスッキリスベスベの肌に。
無着色・無香料・エタノールフリー・防腐剤フリー、パッチテスト済み

3.敏感肌の保湿

3-1.セラミド入りの保湿剤

ヒアルロン酸、コラーゲン、植物エキスなど数え切れない位の保湿剤がありますが、敏感肌にはなんといっても不足しているセラミドを直接補うのが一番
なかでもセラミドTなど「セラミド」と書かれている天然系ヒト型セラミドが、角層への浸透定着に優れていてお勧めです。


3-2.スキンケアは大事。ただし使いすぎには注意

ここでいう使いすぎとは使用量(塗布量)ではなく、種類のこと。
化粧品の使いすぎは、肌に触れる回数が増え刺激になるだけでなく、化粧品の成分自体が肌の負担になります。 体に良い食べ物も、「食べ過ぎは良くない」のと同じで、肌に良い成分も使いすぎは肌荒れの原因に。

ニキビやシミ、小じわ、毛穴など肌の悩みが色々ある場合は、それぞれの効果を謳った化粧品を使うのではなく、ビタミンCなど幅広い効果を持つ成分が配合された化粧品を1品使う方が、肌にもお財布に優しいでしすよ。
何品か使う場合も、顔全体ではなくピンポイントで使うのもお勧めです。


4.敏感肌の化粧品選び

4-1.パッチテスト・アレルギーテスト済みの製品を

香料や防腐剤など刺激の強い成分を配合しない無添加化粧品を選ぶこと自体は間違いではありませんが、植物エキスなどの美容成分が肌荒れの原因になることも少なくありません。
パッチテスト済みの製品は、化粧品の刺激性を皮膚科学的かつ客観的に調べた証。
すべての人に刺激がないわけではありませんが、敏感肌の方が化粧品を選ぶ際の基準にしましょう。


4-2.信頼できる化粧品を常備

肌に合う化粧品を見つけたら、あれこれ浮気しないのがベストですが…
新しいものを見つけたら使ってみたくなるのが女心。また、肌の調子が悪くなったら新しい化粧品を探したくなる気持ちも分かります。
ただ、肌の調子が悪くなってから新しい化粧品を試すのは、更に悪化させる可能性があるので、お勧めできません。
肌の調子の良い時に試して、いざという時に備えておきましょう


うる肌うるり 乳液タイプのオールインワンジェル PR

うる肌うるり 乳液タイプのオールインワンジェル
天然ヒト型セラミド配合。うるおいサンド保湿で1日中しっとりモトモチの肌に。
無着色・無香料・エタノールフリー・パラベン(防腐剤)フリー、アレルギーテスト・スティンギングテスト済み

少し長くなってしまいましたが、この記事が皆様の健やかな肌に導くお役に立てば幸いです。


今後のコラム執筆の参考させていただくため
この記事が役に立った方は↓のボタンを押していただけると嬉しいです。

Copyright(c) 2016 COLORZ. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com